Menu

卒業生の合格体験記(2020年)

Home

卒業生の合格体験記

※体験記は大学名をクリックするとご覧いただけます。

【京都大学 理学部 合格】 現役

梶坂宗史 岡山城東高校卒 吹奏楽部

東岡山校では「映像を活用した授業」によって、日本のトップ講師の授業を自分のスケジュール、志望校に合わせて受講ができるので高1の12月に入学しました。苦手だった数学は「高速学習」を活用して「入試全範囲のインプットの早期修了」と「京都大学レベルまでのスモールステップアップ」を目標に受講を進めました。『高等学校対応数学ⅡB上級』→『高等学校対応数学Ⅲ標準』(数Ⅲまでの教科書範囲を高2の11月末まで)→『受験数学ⅠA/ⅡB難関』『受験数学Ⅲ難関』(高3の5月まで)→『京大対策理系数学』(高3の8月まで)(全国校外模試高校順位 数学1年11月47位→3年11月 1位までUP)『ハイレベル化学理論』→『ハイレベル化学無機』→『ハイレベル化学有機』(高2の12月→高3の4月末まで、5カ月間で化学全範囲修了 全国校外模試高校順位3年11月1位までUP)『ハイレベル生物』(高2の12月→高3の4月末まで、5カ月間で生物全範囲修了 全国校外模試高校順位3年11月1位までUP)
『今井宏のC組・英語基礎力完成教室』は英語の基礎を楽しく学ぶことができ、この講座をきっかけに英語が好きになり、得意科目にすることができました。また、『高速基礎マスター』を用いて英単語、熟語、文法等を「高2の1年間で7630個」を覚えたり、数学計算演習を繰り返すことで、基礎知識、基礎計算力がつき、高3で受講ペースを上げたり(休日1日最大9コマ受講)、演習量を増やすことができました。 第一志望校に合格できたのは「徹底的な過去問演習」を行ったからだと思います。京都大学の入試本番では昨年までとは傾向が大きく変わりましたが、類似した問題も出題され、そこを取りきったことで、周りと差をつけて合格することができました。(『過去問演習講座京都大学』等で過去問×25年以上演習!)思うように成果が出ないときにもスタッフの皆さんには明るく励ましてくださり、苦しい受験生活を何とか乗り切ることができました。本当にありがとうございました。(全国校外模試高校順位3年11月理系総合1位までUP)
(他 同志社大学 合格)