Menu

無料体験授業(新高1・新高2・新高3)・講師紹介

Home

無料体験・講師紹介

合格実績の理由を体験してください

合格実績の理由を体験してください

東大現役合格者の3人に1人が東進生・・・東大をはじめとする難関大入試において、東進の現役合格実績は日本一。それは決して偶然ではありません。

その理由を君の目で確かめてもらうのが、東進の「無料体験授業」です。。

実力講師の授業や、東進だけの革新的な学習システムなど、現役合格実績の理由を体験してください。

新高3生   なぜ、この時期から受験勉強?

受験勉強は2年生から!

まだ2年生だからと油断をしていませんか?2年生こそ伸び盛り。
決して長くない時間を有効に使うために、万全の態勢で入試本番を迎えたい。
今年の内に自分の現状と志望校の差を把握した上で、「新・受験生」としての学習をスタートしましょう。

1年前の得点が、合否に影響大

「新・受験生」の君が特に意識したいのが、本番1年前の得点。
先輩が受けるセンター試験と同じ問題を解いて、どのくらい取れるかが、1年後の合否に大きく影響します。

新高2生   学力の差は、時間の差。今すぐスタート!!

先取り学習を始めよう!

難関大現役合格者の多くは、早期スタートで志望校合格を実現しています。
その理由は「先取り学習」。入試までに到達すべきラインは決まっています。早期スタートで着実に力をつけていくことで、より高い目標に到達できます。

定期テスト対策・苦手克服にも

「定期テストでの点数アップを目指したい」「高校に入ってからできてしまった苦手を克服したい」という君は、まず苦手分野やテスト範囲を徹底理解。夏休み明けの定期テストで成果を実感できるはず。
学んだ知識や学習法を生かして、次の分野に進みましょう。

全国統一高校生テスト対策として1講座無料ご招待実施中!!

現在、東進で10月25日に実施される模試/全国統一高校生テスト(受験無料)をお申込みの方に、
模試対策講座として1講座(90分×5回の授業、19,250円相当)を無料でご招待しております。
受講料:無料
申込締め切り:10月15日(木)
詳しくは校舎までお問合せください。

申込方法

お申し込みフォームはこちら

お電話にてお申し込み、または申し込みフォームに必要事項、希望校舎をご記入の上、送信してください。
後ほど、担当者より詳細についてご連絡致します。

申し込み締切

学年 高0生(新高1生)・高1生(新高2生)・高2生(新高3生)
申し込み期日 いつでもお気軽にお問い合わせください

講師紹介

現代文|林 修

現代文|林 修

テレビでもお馴染みの人気講師。入試問題を研究し尽くした講義は、東大合格者から圧倒的支持を集める。正統的解法の徹底追及で分析力かつシステマティックに得点力、「考える力」を増強する。

英語|今井 宏

英語|今井 宏

大手予備校トップ歴任の超大物講師。ズバリ的を射たフシギなほどわかる授業、心地よいスピード感と、豊富な話題、溢れる知識で、受講生を魅了する超実力派講師。

数学|長岡 恭史

数学|長岡 恭史

担当クラスからは、理Ⅲを含む東大や国立医学部など超難関大合格が続出。共著書である通称黒本「大学への数学」(研文書院)シリーズは、東大受験者のバイブルとしてあまりにも有名。

数学|志田 晶

数学|志田 晶

東大、京大をはじめとする難関大合格へ受講者を導いた若き数学科トップ講師は、わかりやすさを徹底的に追求する。

化学|大西 哲男

化学|大西 哲夫

化学のさまざまな現象に関して「なぜそうなるのか」ということが理解でき、正確な知識とそれを説明する思考力が身につく講義。

生物|田部 眞哉

生物|田部 眞哉

過去20年間分の入試問題分析に裏打ちされた授業は緻密そのもので、幅広い生物をグラフ・計算・論述などにパターン分類し、それぞれのパターンに対して具体的かつ正確な対策を伝授する。

物理|橋元 淳一郎

物理|橋元 淳一郎

「物理・橋元流解法の大原則」で、数え切れないほど多くの受験生を救ってきた先生の講議が、君の前で展開される。

物理|苑田 尚之

物理|苑田 尚之

大手予備校をはじめとする出講予備校のすべてで東大クラスを担当。受講者は「基本法則だけで物理のすべてを明らかにする解法に圧倒された」「大学に行ってからも物理学を勉強したい」と絶賛。

日本史|金谷 俊一郎

日本史|金谷 俊一郎

入試頻出ポイントに的を絞った授業と、「表解板書」と呼ばれる独特の切り口の表は、受講生から圧倒的な支持を得る。

世界史|荒巻 豊志

世界史|荒巻 豊志

ビジュアル化した板書を駆使して繰り広げる、ハイテンションかつメリハリのある講義で、字数の多い論述問題の解き方までもカバー。世界史の醍醐味を存分に味わってほしい。